読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UAE·アブダビの豪華絢爛7つ星!?エミレーツパレスホテル

皆様こんにちは。

2017年も早いものでもう2月に突入。

今年は1月28日が旧正月でしたので、

すでにドバイを離れ中国に滞在中です。

そしてまたもやお恥ずかしいことに、

ブログの更新を1ヶ月も怠ってしまいました…

が、気を取直して今回はドバイ滞在中、

アブダビへ日帰り旅行した際に訪れた、

7つ星⁈ホテルと呼ばれる、

エミレーツパレスホテル(ちなみに

映画『SEX AND THE CITY2』の

舞台になったホテル)訪問記を書きます。
     f:id:yaxiyun:20170202005319j:image

実は1週間の内に二度、

バイからアブダビへ日帰り旅行をしたのですが、

初めて訪れたのは母親がドバイに来た際で、
一台650ディルハム

(1ディルハム30円で計算すると19,500円)で

バイからアブダビへ10時間

(プライベート車&ドライバー兼ガイド付き)の

観光ツアーでした。
運転手からは事前にセキュリティが厳しく、
予約がない人を中に入れてくれるかどうかは

その日その時の運次第と言われていました。

そして案の定、

旅行会社の名前ががっつり入っている

Previaで予約もなく見学のためだけに

敷地内に入ろうとした私たちは、

呆気なく門前払い…

夕方にはドバイに戻り始めなければ

いけなかった私たちは、

仕方なく外から記念写真を撮って

泣く泣く退散致しました…。

が、どうしても中に入ってみたかったので、
日を改めてリベンジしに行って来ました‼︎笑

 

今度はドバイからアブダビまでは高速バス

(片道25ディルハムなので750円ほど)で、

アブダビ市内観光はほぼタクシーを利用し、

お目当てのエミレーツパレスホテルへは夜に訪問。
タクシーの運転手によると、

その日の昼間に乗せた観光客が、

セキュリティにてただ見て回りたい、

と申請したところ残念ながら却下されたそう…

でも私たちはLe Cafèにて、

エミレーツパレスカプチーノを飲みたい、

という目的があるので、
門番に「どこに行くの?」と聞かれて、

素直に「Le Cafè 」と答えると、
予約の画面を見せて、と返されました…
もちろん予約なんてしていなかったので、
どうしようかなーとスマホ触りながら数秒考えて…
もう友達が中にいて、その友達が予約したから

私は予約番号とか持っていない、と答えると

「友達が中にいるの?じゃあどうぞ。」

という具合で無事に関門突破‼︎‼︎‼︎笑

タクシーで敷地内のエントランスまで連れて行ってもらい、
いざ7つ星ホテルと称される(もしくは自称)

エミレーツパレスホテル見学へ‼︎笑
       f:id:yaxiyun:20170202005539j:image

外観からキンキラ金ですが、

内装はさらに金だらけ!!!

もう至る所全て金なので目が眩みます。笑
       f:id:yaxiyun:20170202005626j:image

せっかくなので記念に噂の、

世界に一つだけと言われる金の自動販売機で

金を購入してみたいと思い、

ホテル内を探してみたのですが、

見当たらないのでホテルスタッフに伺うと、

残念ながら3ヶ月前ほどから故障中で、

修理に出しているとのこと…

でも金を買いたいなら

ホテル内の店舗で売ってますよ、

と言われましたが、普通に買っても面白くないので、

ホテル内で行けそうな所は一通り回り、

Le Cafè にて名物の、

エミレーツパレスカプチーノを注文‼
     f:id:yaxiyun:20170202010942j:image

メニューにも記載されていましたが、

24カラットの金粉が惜しみなく盛られていて、

さらにUAE名物のデーツ(ナツメヤシの実)と

チョコレートが付いてきました。

お味は特段美味しいとは感じませんでしたが、

ゴージャスな雰囲気と達成感で大満足‼笑


     f:id:yaxiyun:20170202011654j:image

気になるお値段ですが、

メニューにはおひとつ60ディルハム

しかしお会計をしてみたらレシートには

サービス料や税金など3つの項目が足されて、

合計2つで144ディルハム

(1ディルハム30円とすると4,320円)でした。

改めて考えるとコーヒー2杯には

驚きの価格設定ですが、

とにかく楽しかったので良しとしましょう!笑

 

その後ももう少しホテル内を探検したいなーと思い、

テラスに出られそうだったのでエスカレーターで下へ。

テラスへの出口にまたセキュリティがおり、

宿泊客か問われ、Le Cafèを利用しました、

と答えたら残念ながらテラスは宿泊客のみのエリア…

じゃあ一瞬だけでも見てみたいので、

ドア開けてくれませんか?とお願いしたら、

少しだけならテラスに出て写真撮ってきて良いよ、

とお許しを頂きました‼優しい‼笑

もう帰ろうかとフロントの方へ向かっていたら、

ラスベガス滞在中に何度かクラブとして利用した、

「Hakkasan」を発見してちょっと興奮‼笑
     f:id:yaxiyun:20170202013129j:image

こちらアブダビでもラスベガスと同様、

ディナー時間はレストラン営業、

深夜はクラブとなるようでした。

UAEでは一度もクラブに行きませんでしたが、

世界の有名DJが良く訪れているようです。

 

最後にホテルの外観を楽しみ、

一番最初にタクシーを止められたセキュリティを

歩いて通過し、

路線バス(2ディルハム)に乗って

アブダビの中央バスターミナルへ!

実は最初からアブダビ市内は

路線バスで移動しようと思って、

1ヶ月のみ使用可能なテンポラリーバスカード

15ディルハム入金していたのですが、

結局使ったのは最後の2ディルハムのみ。

13ディルハム残った状態のカードの返金が

出来ないかバスターミナルの職員に尋ねると、

そういうのはやってないから、

欲しい人に10ディルハムくらいで売ったら?って…

友達は運良く10ディルハムで買い手を発見。

しかししばらく待っても私の分の買い手が

見つからなかったので、

ダルそうにしていた職員のおじさんが突然、

「おいで」と言って10ディルハムをくれました‼

別にそんな大金じゃないけど、

(もはやたった300円程度…笑)感動‼笑

無事にアブダビからドバイへの高速バスに乗り込み、

帰宅致しました。

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。